ボーダーコリー ルイ&ジル日記

まったりルイ君とパワフルジルちゃんの気まぐれ日記

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルコミュニケーション ジルちゃん編♪
2012-05-13 23:35

今回はジルとお話をしていただきました
ルイの時も思ったことだけど、コミュニケーターさんからいただいた
メールを読んだとき、これは間違いなくジルだ~って思いました(笑)

以下  コミュニケーターさん = コ
     ジル = ジ



ジルちゃんを呼ぶと、息をきらせながらものスゴイ速さで

走ってきてくれました。



『待ってたのよ♪』とジルちゃん。



知らない人が苦手と伺っていたので、どんな風にご挨拶をしようかと

少し構えてしまったのですが とっても明るく話かけてくれて

嬉しかったです。



コ  『ジルちゃん。初めまして!ありがとう~♪待っててくれたの?』

ジ  『うん。ルイがね・・教えてくれたの。今度はジルの番だよ?って。

    思ってることをぜ~んぶ出して、みんなで深いところまで

    繋がるんだって!何を聞かれるのか緊張するけれど、

    ジルにとっても大切なことだからってルイが言ってたの。

    だから、ずっと待ってたのよ』



コ  『ありがとう♪そう言ってもらえると嬉しいな。

    言いたくないことは言わなくていいし、

    私が気付かないことでもジルちゃんから何かあったら遠慮なくお話してね』



ジ  『OK!』



女の子らしさがいっぱいでとってもチャーミングですね・・・



コ  『じゃ~。まずはジルちゃんがどういうワンちゃんか教えて欲しいな。

    ジルちゃんが自己紹介をすると どんなワンちゃん?』

ジ  『自己紹介かぁ。それは考えてなかったわ』



くすっと笑って・・・



ジ  『そうね・・とっても活発で運動神経も抜群♪

    このしなやかなボディがワタシの自慢かな?

    足の長さや体の筋肉。とってもバランスがいいでしょう?』



コ  『うんうん♪ステキっ!ジルちゃんのお写真を見せてもらった時に

   とってもカッコいいなぁ~って思ったの。 よっぽど運動しているのかな?』

ジ  『そう。出来る限り練習を積んでいるわ』



コ  『そっかー。だから体が引き締まってるんだね?アジリティーは楽しい?』

ジ  『もちろんよ。ワタシの生きがい。一番喜びを感じるわ。

    なんといっても走るのが楽しいの。流れる景色は爽快♪』



頂いた順番で質問をしようと思ったのですが、

ちょうどアジリティーのお話になったので二番目の質問から

お話をさせて頂きました。



コ  『ジルちゃんはアジリティーが好きなんだね。お話を聞いていると

    私までウキウキしてくる♪とってもステキだね?そうすると・・

    もっともっとパフォーマンスの高い走りが出来るようになるには

    どうしたらいいだろう?』



ジ  『そうねー。同じことの練習ばかりではなくて、

    いろいろチャレンジすることかしら?

    いろいろなものの幅、高さ、距離感を経験することで

    ワタシ自身がより感覚をつかめるようになるわ。

    あとはとにかく練習。それに尽きるわね。ワタシが体で覚える

    こと。それが一番大切かな・・

    そのためには沢山のアジリティーで より多くの経験を積みたい。

    応用をきかせられるだけの経験を積んだら、よりパフォーマンスも

    高くなると思うわ。どう?』



コ  『なるほどー。私はアジリティーってよく分からなくて・・

    ジルちゃんのお話に、ただただ関心してるんだ。

    これは全部そのままお母さんに伝えてもいいかな?』

ジ  『もちろんよ。ワタシ自身の確認とパパやママへのメッセージ

    だもの。ワタシの意見を聞いてもらえてとても嬉しいわ!』



とってもニコニコと嬉しそうなジルちゃん。

アジリティーが大好きで、自分でも見た目の美しさを、

より意識していきたいと思っていたそうです。

こうしてお話が出来たことがとっても嬉しいと答えてくれました。



そういえば・・私がお母さんって言っちゃったけれど、

ジルちゃんが自然にパパとママと呼んでいたので、そのままで

いいのかどうか質問をしてみました。



コ  『ジルちゃんにとって、ご家族の方はパパとママという呼び方で

    いいかな?』

ジ  『うん♪パパとママでいいわよ。甘えたい時はいっぱい可愛がって

    くれるし、頑張らなきゃいけない時はいっぱい励ましてくれる。

    最高のパパとママだわ』



コ  『ありがとう・・・ジルちゃんはパパとママ、ルイくんのことを

   それぞれどう思ってる?』

ジ  『パパはとっても頼もしくて、ワタシをより幸せに導いてくれる人。

    ワタシの良さを一番に分かってくれてるの。

    みんなの個性がそれぞれ自由でいられるのはパパがいてくれる

    から。いつもとても感謝しているわ。

  

    ママも・・・ワタシのよき理解者。ワタシのちょっとした変化にも

    すぐに気付いてくれてワタシをとても大切にしてくれるの。

    ときに厳しいこともあるけれど、ワタシ達を思う愛があることを

    よく分かってる。ママってとっても頼もしいのよ♪

    いつもワタシのコンディションを気遣ってくれてありがとう。

  

    ルイは優しいお兄ちゃん。あのぽよよ~っとした感じ、癒される

    でしょう?ワタシの気持ちが盛り上がらない時、一番に気付いて

    励ましてくれるのよ。ルイはとっても優しいの。パパとママとルイ。

    みんなと家族になれて嬉しいわ』



コ  『ステキなメッセージをありがとう。

    ジルちゃんはパパとママとルイくん。み~んなダイスキなんだね♪』



幸せな気持ちが伝わってきて、心がほんわか。



コ  『今日はいろいろなお話をしてくれてありがとう。

    ジルちゃんは他のワンちゃんや知らない人が苦手なの?』


ジ  『そうね。あまり関わりたくはないわね』



コ  『そっかー。でもそれはどうして?』

ジ  『だってうるさいんですもの。デリカシーもないし。馴れ馴れしく

    されるのは苦手だし、やたらと話かけられるのも好きじゃないの。

    なんであんなに みんな誰しも仲良くなりたいのかしら?

    みんなで同じように仲間意識を持とうとすることも、よく分から

    ないのよね』



コ  『そっか。慣れ慣れしくされるのはイヤなんだね・・・

    でも、威嚇するほどイヤなの?』

ジ  『威嚇ったって、いつもじゃないわよ?しつこいんだもの。

    じーーーっとこっち見て。何かきっかけを作ろうとして・・

    イヤだって言ってるのに、なんで仲良くしようとするの?

    ワタシの気持ちなんておかまいなしだもの。そんなデリカシーの

    ない相手。人もワンコも距離を縮めたくない。  

    仲間でも家族でもないんだから、みんなそれぞれある程度の距離

    は必要よ。よろしくね!なんていう人に限って優劣をつけたがる。

    くだらないことだわ』



コ  『なるほど…優劣をつける。イヤだよね?でもそれはアジリティー

    の時?普段は?普段から優劣つけようとしてる人がいるの?』

ジ  『優劣というか、比べたがるのよ。

    気さくに声をかけてくるのはいいけれど何かを求められるのは

    イヤだわ。あとはね・・最初からすでに戦闘モードの子がいるの。

    小っちゃいくせにキャンキャンうるさくて、イヤになっちゃう』



以外にも強気な意見だったので、??になって・・・

質問を変えてみました。



コ  『ジルちゃんは大きい音が苦手みたいだけど それって

    何がそんなに怖いのかな??』

ジ  『大きな音って突然するでしょう??まるっきり何の予測も

    つかない時にドンって振動まで伝わってきて。

    聞こえないようにしても体が感じるし。

    いつ、何が襲ってくるのか分からない。何ともなく終わること

    が多いけれど、もしかしたら何かが迫ってくる前触れかも

    知れないよ?』

コ  『大丈夫。大丈夫。パパやママが一緒でしょう?もし何かが起き

    ても絶対にジルちゃんを守ってくれるから。だから安心して』



大きな物音はとっても苦手のようですね・・

そのときのことを思い出すと、心臓がドキドキしてきて、

体が縮こまるのを教えてくれました。



私達も突然の物音にはびっくりしますが・・・・

ジルちゃんの耳は ものすごくよく聞こえてしまうみたいです。

金属音は特に響いてイヤだと教えてくれました。



コ  『ママがね・・世の中、楽しいことの方が多いよって言ってたよ?』

ジ  『もちろん、それは分かってる。今だってとっても楽しいもの♪

    楽しいことがいっぱいよ♪』

コ  『そっかぁ。そうしたら大きな物音に対しては仕方がないのかな??』

ジ  『うん・・・あれはいつも急なことだし・・

    慣れたらいいとか。そういうことではないもの。』



恐怖心が強くなりすぎると攻撃的になってしまうワンちゃんも

いるのですが、隠れているぐらいなら落ち着くまで待ってあげたら

いいのかな・・と思いました。



それと、お散歩の途中や公園などで他のワンちゃんにお尻の匂いを

嗅がれるのは、とってもイヤだということも教えてくれました。

ワンちゃん同士のご挨拶ではよく見る光景ですが・・・

ジルちゃんがそれをイヤがっているのであればストレスになって

しまうのも可哀想なので、そういうシチュエーションの時には

すーーっと通り過ぎるか、ジルちゃんにはお座りをさせて

相手が通り過ぎるのを待つのがいいようです。



コ  『ジルちゃん。今日はいろいろなお話を聞かせてもらって

    ありがとう。これで私からの質問は終わりになるのだけれど

    ジルちゃんから何かママに伝えたいことはあるかな?』



ジ  『うん♪だんだん気温もあがってきて外がとっても気持ちいいね。

    外で思いっきり走るのが大好き♪

    これからもいっぱいいっぱい遊びに行こうね』



ジルちゃんが走っている時の風の感覚。それをイメージで伝えて

くれました。

う~んっ。とっても気持ちいいです♪



風をきって走るのって、本当にいいものですね♪



これからも、どんどんアジリティーを楽しみながら、

沢山の幸せが育まれますように・・・




今回も沢山のことを聞いていただけて、嬉しかったです

ジルが私達のことをこんな風に思っていてくれているとは
思っていなかったからルイ同様、コミュニケーションをお願いして
本当に良かったなぁと思いました。

二人とも、本当にカワイイ子
ルイ&ジルと今まで以上に、良い関係が築けると良いなぁと思います。

CIMG6303_20120513233412.jpg



ポチッとお願いします
 ↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://fragileruijill.blog69.fc2.com/tb.php/149-c6448427
トラックバック
コメント
ジルちゃんとのコミュニケーション、なるほどな~って思いました。それぞれ個性があるんですね。ロッキーもジルちゃんみたいに小型犬のうるさい子が苦手なんですが、ルイちゃんはどうですか?ジルちゃんとの距離がぐっと縮まってもっともっと豊かなワンライフを送れそうですね~(^^♪
Posted by ロッキーママ at 2012-05-14 19:29 | 編集
ロッキーママさんe-343

ロッキー君も小さなうるさい子が苦手なんですねー。
私もうるさい子は苦手ですが(笑)

ジルは♀犬も苦手で前は近づくとガウッていたけれど
今はそういうことは少なくなってはきました。
コラッe-262 の一言で押さえられるようになりました(笑)

一方ルイは、人も犬も誰でも大丈夫e-446
ドッグランに行っても安心して遊べます。

それぞれ違って面白いですねっe-454
Posted by RUIママ at 2012-05-15 23:16 | 編集
RUIママさん

はじめまして。
ルフィンさんのブログよりやってまいりました♪

ルイくん、ジルちゃん、アニマルコミュニケーションやられたんですね。
我が家にもMダックスが2頭いるんですが、ルフィンさんにお話ししていただきました。
ジルちゃんの冒頭「ルイが教えてくれたの。次はジルの番だよ」のくだりが、我が家のくだりとそっくりで思わずコメントさせていただきました(*^-^)
やっぱりお兄ちゃんは、ちゃんと下のコに伝えてるんだなあ…と。

ルイくんの感想記事も読ませていただいたら、性格もなんだか近くて(笑)
犬種も性別も違いますが、上のコ=おっとり、下のコ=元気はつらつ…が我が家とも似ており、思わずほほえましく。

実家が名古屋なので、愛知県というところもちょっと親近感がわいたのでしたw
また、遊びに来たいと思います~。

Posted by mayue at 2012-05-16 16:22 | 編集
mayueさん、いらっしゃいませe-343
遊びにきてくださって、とても嬉しいですe-257

私もルフィンさんにお願いをして、とってもステキな
体験をすることができましたe-446

アニマルコミュニケーション、面白いですねー。

mayueさんのワンちゃんも、うちの子達とに似てますか??
同じ犬種でも全然違ってとても面白いなぁといつも思っています(笑)

またお時間があるときにでも、遊びに来てくださいねe-343

私もmayueさんのブログを、拝見させていただきますねe-2




Posted by RUIママ at 2012-05-16 23:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。